メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露大統領選

プーチン氏の優位揺るがず あと1カ月

ロシア大統領選の主な候補者

 【モスクワ杉尾直哉】任期満了に伴うロシア大統領選(3月18日に投開票)まで約1カ月。再選を目指すプーチン大統領は地方の住民や財界関係者との会合に積極的に参加し、自身の路線継続を訴えており、圧倒的な優位は揺らいでいない。

 プーチン氏の支持率は約70%。2位のロシア共産党公認候補で企業経営者のグルジーニン氏の6.9%や、3位の自由民主党のジリノフスキー党首の5.7%を大きく引き離す。「反プーチン」を訴えて立候補した女性司会者サプチャク氏は1.7%で、もう一つの反プーチン派野党「ヤブロコ」の創設者、ヤブリンスキー氏は0.7%にとどまる。

 「露大統領府が目指す、投票率・得票率共に7割以上の再選も不可能ではない」(政治アナリストのムーヒン…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです