ネパール

左派同盟のオリ議長が首相就任 中国支援加速か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ニューデリー金子淳】ネパールで15日、昨年11~12月の下院選(定数275)で大勝した「左派同盟」を率いる統一共産党(UML)のオリ議長(65)が首相に就任した。隣国の中国とインドの間でバランス外交を強いられてきたネパールだが、左派同盟は中国寄りとされ、今後は中国の支援によるインフラ開発などが加速する可能性がある。

 報道によると、下院選で左派同盟のUMLとネパール共産党毛沢東主義派(毛派)は過半数の計174議席を獲得。今月7日に行われた上院選(定数59)でも39議席を獲得した。首相の任期は5年だが、途中で毛派の議長、ダハル元首相が引き継ぐとみられる。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集