トワイライト

内装品を敦賀市に無償譲渡へ 観光で再利用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
食堂車で使用されたテーブルと椅子=敦賀市提供
食堂車で使用されたテーブルと椅子=敦賀市提供

 2015年に引退したJR西日本の豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」のテーブルや椅子などの内装品約120点が福井県敦賀市に無償譲渡されることになった。市は22年度末の北陸新幹線敦賀開業を見据え、市の観光拠点・金ケ崎地区のカフェやレストランなどで再利用する方針で、観光客に往時の旅情を味わってもらう。

 トワイライトエクスプレスは1989年に運行を開始し、大阪-札幌間を敦賀を含めた日本海沿岸経由で結んだ。食堂車で本格的なフランス料理が提供されるなど豪華なサービスや設備が人気で、鉄道ファンにとどまらず多くの人に愛された。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文569文字)

あわせて読みたい

注目の特集