メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ訴訟

最高裁、親会社イビデンの責任認めず

 電子部品メーカー「イビデン」(岐阜県大垣市)が、子会社で働いていた従業員同士のトラブルの責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は15日、責任は負わないと判断した。

 訴訟では、子会社の女性が、別の子会社の男性からしつこく交際を求められたとして、男性とそれぞれの子会社、イビデンに損害賠償を求めていた。女性の同僚がイビデン…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堺・弟殺害 父殺害容疑で再逮捕 遺体から睡眠薬
  2. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. きょうのセカンドオピニオン 起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです