メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール

「映画で未来変えたい」大林監督

第72回毎日映画コンクールの表彰式でトロフィーを手に笑顔を見せる日本映画大賞を受賞した「花筐/HANAGATAMI」の大林宣彦監督=川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで2018年2月15日午後5時23分、長谷川直亮撮影

 川崎市で15日に開かれた第72回毎日映画コンクールの表彰式。多彩な顔ぶれの受賞者たちが喜びを語った。

 第二次大戦直前の佐賀・唐津を舞台にした「花筐/HANAGATAMI」で日本映画大賞を受賞した80歳の大林宣彦監督は車椅子に乗って現れ、「映画は戦争の歴史とともに育ってきた。映画で歴史は変えられないけれど、未来を変えることには役立つんじゃないか」と語った。窪塚俊介さんや常盤貴子さんら出演者も登壇し、常盤さんは「大林監督の撮る世界観によって、今まで見たことのない自分になれた」と感謝した。

 日本映画優秀賞「あゝ、荒野」の岸善幸監督は「寺山修司さんの50年前の小説を2020年の設定で作るの…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文665文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです