メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

卑弥呼の心を音楽で フルート奏者、歌手の神崎愛さん

神崎愛さん=明珍美紀撮影

 フルート奏者で歌手の神崎愛さん(65)が「桃の節句」の3月3日、邪馬台国の女王、卑弥呼(ひみこ)を題材にしたコンサートを東京・銀座の観世能楽堂で開く。「戦乱の倭国(日本)に平和をもたらした優れた政治家であり、たおやかな女性。そんな私なりの卑弥呼像を歌や音楽で表現したい」と話す。

 魏志倭人伝(ぎしわじんでん)に登場する日本列島の国の一つが邪馬台国…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです