千葉競輪場

再整備の事業者決定 千葉市、「日本写真判定」に /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉市は16日、千葉公園(同市中央区)に隣接する千葉競輪場を国際規格に準拠した多目的施設「千葉公園ドーム」(仮称)へ再整備する事業者を「日本写真判定」(東京)に決めたと発表した。従来のルールでは実施できなかった国際規格による新たな形の「250(にーごーまる)競輪」(仮称)を実施する。2020年度後半の開業を目指す。

 市や同社によると、千葉公園ドームは敷地面積2万7000平方メートル、地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート構造で、自転車競技の国際規格である250メートルの木製トラックを設ける。観客席は常設約3000席。自転車競技の国際大会や音楽ライブイベントを開催し、室内にコースを作って競う「ドローンスポーツ」などにも用いる。設計や建設にかかる約70億円を負担する同社の町田利寛専務は記者会見で「地域ににぎわいを…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文524文字)

あわせて読みたい

注目の特集