メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冬のおとなミュージアム

共通テーマ「激動の時代」 福岡市の3館共同企画 博物館、アジア美術館で開催中 /福岡

作家に関する資料も自由に閲覧できる福岡アジア美術館で開催中の企画展

 福岡市博物館(早良区百道浜)▽福岡アジア美術館(博多区下川端町)▽福岡市美術館(中央区大濠公園)--の3館が共同企画「冬のおとなミュージアム」を実施している。

 共通テーマは「コレクション×コラボレーション~激動の時代を生き抜いた人々」。市美術館は改修工事で閉館中のため、同館所蔵の資料や作品を交えて市博物館と福岡アジア美術館で企画展を開いている。

 市博物館は3月4日まで「黒田資料にみる幕末維新」を開催中。幕末期から明治維新期の古文書や記録、絵画資料など福岡藩主・黒田家伝来の文化財「黒田資料」31点を展示している。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです