JR九州

ダイヤ改正 県内「かもめ」5本減便 一部快速、普通も /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR九州が16日発表した来月17日のダイヤ改正で、県内では特急「かもめ」5本(通常時)のほか、快速・普通列車が一部減ることになった。同社が進める鉄道事業の効率化が背景にあるが、深田康弘・長崎支社長は記者会見で「実態調査などを実施しており、(利用客に)大きな影響はない。今後も利用状況を見ながら修正すべきところはしていく」と話した。

 主な減便は、長崎線で長崎-諫早間の上下線3本、長崎-長与間の上下線4本▽大村線で午後8時5分長崎発の佐世保行き快速「シーサイドライナー」▽佐世保線で同11時1分佐世保発の早岐行き--など。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文561文字)

あわせて読みたい

注目の特集