メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

サバイバーを支援 歩いて全国縦断 県立病院も訪問 76歳・日本対がん協会長 /大分

 がんの早期発見・治療でがん撲滅を目指す公益財団法人「日本対がん協会」の垣添忠生会長(76)は、がんを患ったことのある「サバイバー」支援をしようと全国を歩く活動をしている。今月5日に福岡市の九州がんセンターをスタートし、全国がん(成人病)センター協議会に加盟する全国32病院を巡る予定で、14日には大分県立病院を訪れた。

 垣添会長は自身も大腸と腎臓のがんを経験したサバイバー。昨年6月にがん患者らの不安や孤立を助けようと…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文497文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]