米・トルコ

関係改善で合意 クルド問題、依然対立

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之、エルサレム高橋宗男】中東歴訪中のティラーソン米国務長官は15日、シリアのクルド人組織への対応をめぐり米国との対立を深めるトルコを訪問してエルドアン大統領と会談、16日にはチャブシオール外相とも協議した。両外相は会談後、関係正常化での合意を発表。懸案を協議する作業部会を3月にも開催するという。ティラーソン氏は「我々は少なからぬ危機にある」と、対立が残ることを明示した。

 ティラーソン氏は米国とトルコの「深く重要な関係」を強調し「協力して前進する」とも発言。マティス米国防長官もブリュッセルでトルコのジャニクリ国防相と接触しており、米側はトップ外交で中東の主要同盟国との緊張緩和に躍起だ。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1051文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集