メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

「高齢者65歳以上」転換 望ましい老後、模索

シニア人材の活用方法について話し合うのは、定年退職後にサイエスト社で働く60~70代のシニアだ=東京都内で16日、阿部亮介撮影

 政府は16日午前の閣議で、高齢社会対策大綱を決定した。65歳以上を一律に高齢者とみなす考え方からの転換を打ち出し、65歳以降も働き続けられる環境を整えるとともに、年金の受取時期を70歳以降に遅らせることができる制度見直しの検討を盛り込んだ。背景には元気な高齢者の増加があるが、高齢になるほど経済的・身体的状況の個人差は大きくなる。自分にとって「望ましい老後」を選べる仕組みが求められる。【阿部亮介、下桐実雅子】

 東証1部上場の電子部品メーカーを7年前に定年退職した山下隆志さん(69)=東京都=は有機溶剤リサイクル会社に再就職した。法務部長なども務め知的財産管理に明るい。その経験を生かし、米国など海外企業との契約書類の作成や知財管理に関するアドバイスをしてきた。2年前には「行政書士」と「海事代理士」の国家資格を取得した。これが有利になり、別の化学メーカーからも「アドバイザー」として法的な助言を求められてい…

この記事は有料記事です。

残り1774文字(全文2180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです