サチ・コソボ大統領

独立10年 「セルビアと関係正常化を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
取材に応じるコソボのサチ大統領=プリシュティナで13日、三木幸治撮影
取材に応じるコソボのサチ大統領=プリシュティナで13日、三木幸治撮影

 【プリシュティナ三木幸治】コソボが2008年のセルビアからの独立宣言から17日で10年を迎えるのを前に、コソボのサチ大統領が毎日新聞の単独取材に応じた。サチ大統領はいまだ対立状態のセルビアとの関係について、「今年中に(セルビアと)歴史的な2国間の関係正常化を達成できると思う」と述べ、今後の国交交渉に強い期待を示した。またセルビアとの関係正常化が「国連の加盟につながる」とも話した。(8面に「終わらぬ憎悪 コソボ独立10年」) 1998~99年に独立を求めてセルビアと戦ったコソ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集