メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

清らかさへの飛翔のために 「ジャンプ台は自前」の気概を=浜矩子

雪上を「飛翔」する平昌五輪・男子滑降の選手。グローバル時代に生きる我々が飛ぶべき方向とは=ロイター

 冬季五輪が開催中だ。それなりにフォローしながら、改めて思った。冬のオリンピックには、「飛翔(ひしょう)」という言葉が似合う種目が多い。

 スキーのジャンプ競技はもとより、スノーボードのハーフパイプやスノーボードクロス。滑降競技でも、選手たちが急斜面をジャンプしていく場面がみられる。氷上では、フィギュアスケートの踊り手たちが回転しながら舞い上がる。スピードスケートの走者たちもまた、銀盤を滑り行く姿に飛翔を感じさせるものがある。

 飛翔に思いをはせたら、次にあるフレーズが頭に浮かんだ。「泳ぐ人のように、清らかさに向かい飛翔する」…

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文2072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです