メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

清らかさへの飛翔のために 「ジャンプ台は自前」の気概を=浜矩子

雪上を「飛翔」する平昌五輪・男子滑降の選手。グローバル時代に生きる我々が飛ぶべき方向とは=ロイター

 冬季五輪が開催中だ。それなりにフォローしながら、改めて思った。冬のオリンピックには、「飛翔(ひしょう)」という言葉が似合う種目が多い。

 スキーのジャンプ競技はもとより、スノーボードのハーフパイプやスノーボードクロス。滑降競技でも、選手たちが急斜面をジャンプしていく場面がみられる。氷上では、フィギュアスケートの踊り手たちが回転しながら舞い上がる。スピードスケートの走者たちもまた、銀盤を滑り行く姿に飛翔を感じさせるものがある。

 飛翔に思いをはせたら、次にあるフレーズが頭に浮かんだ。「泳ぐ人のように、清らかさに向かい飛翔する」(“To turn, as swimmers into cleanness leaping”翻訳は筆者)。「平和」と題するソネット(14行詩)の一節だ。作者は、英国の詩人ルーパート・ブルック(1887~1915年)である。

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文2072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです