メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

再び「送電線の怪」=青野由利

 <do-ki>

 工学やITの世界でよく使われる「冗長系」という言葉がある。

 「あなたの文章は冗長。もっとすっきり書けないの?」という時の、あの「冗長」だが、意味はちょっと違う。

 たとえば小惑星探査機「はやぶさ」。イオンエンジンを4基積んでいたが、1基は故障に備えた予備。姿勢制御の機器も余分に積んでいた。これが「冗長系」で、宇宙の旅には欠かせない。

 ところが地上では今、送電線の「空き容量」の議論でこれが混乱のもとになっている。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです