メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

放課後デイサービス、なぜ急増? 企業やNPOも参入 開設基準緩く課題も=回答・山田泰蔵

 なるほドリ 「放課後(ほうかご)デイサービス」という、障害(しょうがい)のある子どもが学校外で通う場所が急増してるって聞いたけど。

 記者 2012年に始まった公的な障害福祉サービスで、主に特別支援学校や小中高校に通う障害児が放課後や休日、夏休みに利用しています。事業所は5年で4倍の約1万カ所、1カ月間の利用者も延べ約16万人と3倍以上。民間企業やNPO(非営利組織)など広い分野から参入(さんにゅう)があり、スポーツや音楽、学習、技術訓練など多様な活動が展開(てんかい)されています。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです