連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

放課後デイサービス、なぜ急増? 企業やNPOも参入 開設基準緩く課題も=回答・山田泰蔵

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 「放課後(ほうかご)デイサービス」という、障害(しょうがい)のある子どもが学校外で通う場所が急増してるって聞いたけど。

 記者 2012年に始まった公的な障害福祉サービスで、主に特別支援学校や小中高校に通う障害児が放課後や休日、夏休みに利用しています。事業所は5年で4倍の約1万カ所、1カ月間の利用者も延べ約16万人と3倍以上。民間企業やNPO(非営利組織)など広い分野から参入(さんにゅう)があり、スポーツや音楽、学習、技術訓練など多様な活動が展開(てんかい)されています。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文726文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集