メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

黒田総裁、再任案提示 かじ取り難しく 金融正常化、最大の課題

 任期満了を迎える黒田東彦日銀総裁(73)の再任と、雨宮正佳理事(62)、早稲田大の若田部昌澄教授(52)の副総裁起用を含む国会同意人事案が16日、衆参両院に提示された。黒田新体制は、これまで6度延期された2%の物価上昇目標の早期達成と、混乱のない金融政策の正常化などで難しいかじ取りを迫られる。【宮川裕章、松本尚也】

 黒田氏は2013年3月の就任以来、従来の金利操作を中心とする金融政策とは異なる、異次元の量的緩和策を実施した。国債の大量購入などで、就任時に1ドル=95円台だった為替相場は1ドル=110円前後まで円安・ドル高が進み、輸出産業を中心に企業業績が回復。日経平均株価は倍近くに上がった。だが物価上昇率は0・9%で、目標の2%の半分に満たない。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです