メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

黒田・日銀総裁、再任案提示 元日銀審議委員・木内登英氏、大和総研チーフエコノミスト・熊谷亮丸氏の話

 黒田東彦総裁が続投し、岩田規久男・現副総裁と同様に金融緩和に積極的な「リフレ派」の若田部昌澄・早大教授が副総裁に就くことで、大規模な金融緩和策は当面維持される見通しとなった。しかし、超低金利政策の長期化で金融機関の収益が悪化するなど、金融緩和の副作用が目立っている。こうした副作用を取り除いていくため、2期目の黒田体制では金融政策の正常化を早期に進めるべきだ。

 政府は2%の物価上昇目標が達成できていないにもかかわらず、黒田総裁を続投させることを決めた。こうした決定をしたのは、政府が2%目標を早期に達成する必要がないと考えているからではないか。好調な世界経済に支えられて国内景気は8四半期連続のプラス成長が続くなど、正常化の条件は整いつつある。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. オリックス開幕投手山岡 お待たせ今季初白星 6度目先発「これから全部勝つ」

  4. 「朝鮮かかってこい」 兵庫県サッカー協会事務局長が酒に酔い発言 7月に辞任

  5. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです