米大リーグ

エンゼルス・大谷、ボール確かめ36球 新天地で初ブルペン、入念に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【テンピ(米アリゾナ州)細谷拓海】米大リーグの春季キャンプは15日、アリゾナ、フロリダ両州の各地で行われ、エンゼルスの大谷はキャンプ初の投球練習で36球を投じ、フリー打撃もこなした。カブスのダルビッシュも初めてブルペンに入り、28球を投げた。ヤンキースの田中は守備練習などを行った。ダイヤモンドバックスの平野も投球練習をした。プロ野球・西武からパドレス入りした牧田は初日を迎え、キャッチボールなどで調整。昨秋に右肩を手術し、マリナーズとマイナー契約を結んだ岩隈も招待選手としてキャンプインした。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文724文字)

あわせて読みたい

ニュース特集