メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/2 長崎 11年ぶり、地元に夢を

練習を見つめる高木監督

 「アジアの大砲」と呼ばれた元日本代表FWの高木琢也監督(50)が故郷のチームを初めてJ1昇格に導き、11年ぶりにJ1の舞台に戻ってくる。高木監督は「J1で指揮する喜びや重責を感じ、サポーターに少しでも喜んでもらえる試合をしたい」と決意を語る。

 J2に昇格した2013年から指揮して6年目。毎年選手が大幅に入れ替わり、一からのチーム作りを強いられた。13、15年にはJ1昇格プレーオフに進出するも翌年は低迷する浮き沈みの激しいシーズンを繰り返した。昨年の開幕前には当時の運営会社の経営危機が表面化したが、選手の動揺を抑えてサッカーに集中させ、13試合負けな…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです