メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/2 長崎 11年ぶり、地元に夢を

練習を見つめる高木監督

 「アジアの大砲」と呼ばれた元日本代表FWの高木琢也監督(50)が故郷のチームを初めてJ1昇格に導き、11年ぶりにJ1の舞台に戻ってくる。高木監督は「J1で指揮する喜びや重責を感じ、サポーターに少しでも喜んでもらえる試合をしたい」と決意を語る。

 J2に昇格した2013年から指揮して6年目。毎年選手が大幅に入れ替わり、一からのチーム作りを強いられた。13、15年にはJ1昇格プレーオフに進出するも翌年は低迷する浮き沈みの激しいシーズンを繰り返した。昨年の開幕前には当時の運営会社の経営危機が表面化したが、選手の動揺を抑えてサッカーに集中させ、13試合負けな…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです