将棋

藤井、最年少六段に挑む きょう朝日杯、2連勝が条件

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1日に史上初の「中学生五段」になったばかりの将棋の藤井聡太五段(15)が、17日の対局で早くも六段昇段が懸かる正念場を迎える。同日に東京都内で指される朝日杯将棋オープン戦の準決勝で、羽生善治竜王(47)に勝ち、午後の決勝にも勝てば、「全棋士参加棋戦優勝」の昇段条件を満たす。優勝すれば、六段昇段と棋戦優勝の二つで、加藤一二三九段(78)の最年…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集