メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR九州

減便 鉄道事業、赤字重く 「利用実態を考慮」

 「すべての要望に応じることは難しい。利用実態に合わせて総合的に考えた結果だ」。ダイヤ改定を16日の記者会見で発表したJR九州鉄道事業本部長の古宮洋二常務は、大幅減便に理解を求めた。【石田宗久、神崎修一】

 昨年12月に減便方針を発表後、各県や沿線自治体は利便性が損なわれると反発し、見直しを要望。古宮常務は「減便数が大きく、事前に伝えれば良かった」としつつ「鉄道ネットワーク維持のために輸送力と現状の差を縮めて効率化を進めたい」と強調した。

 1987年の国鉄分割民営化で発足したJR九州は不動産や流通など事業多角化により成長してきたが、鉄道…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです