米乱射

FBI、追跡捜査怠る 危険行動の通報放置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】米南部フロリダ州で17人が犠牲になった銃乱射事件を巡り、米連邦捜査局(FBI)は16日、1月にニコラス・クルーズ容疑者の危険行動に関する通報を受けながら放置し、追跡捜査を怠っていたと発表した。容疑者の知人からの「学校で銃撃に及ぶ可能性がある」との内容で、適切に対応していれば事件を未然に防げた可能性もある。

 FBIによると、同局が設置する犯罪情報ダイヤルに1月5日、クルーズ容疑者に「近い人物」から通報があり、容疑者の銃所持や殺人願望、ソーシャルメディアへの書き込みなどから学校で銃撃事件を起こす可能性が類推されることなど、具体的な情報提供があった。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集