メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

ひふみん「二重の快挙に心よりお祝い」藤井五段優勝

六段昇段も 加藤一二三九段の二つの記録を塗り替える

 将棋の中学生棋士・藤井聡太五段(15)は17日、朝日杯将棋オープン戦決勝で広瀬章人八段(31)に勝ち、史上最年少の15歳6カ月で棋戦初優勝を飾った。これまでの最年少記録は、加藤一二三九段(78)の15歳10カ月。同日付で六段に昇段した。六段昇段も、加藤九段の最年少記録(16歳3カ月)を更新した。将棋界からのお祝いの言葉は次の通り。

 佐藤康光日本将棋連盟会長の話 このたびの初優勝、誠におめでとうございます。全棋士参加棋戦、しかも最…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  5. 京都市、建物高さ規制緩和 丹波口駅西側20メートル→31メートルに /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです