メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国家公務員

60歳超も活用 政府、役職定年導入検討

 政府は16日、国家公務員の定年引き上げに関する論点整理を発表した。定年を現行の60歳から段階的に65歳まで延長するとともに、60歳以上の管理職を降格させる「役職定年制」導入を検討することが柱。今後、人事院で具体的な制度設計の検討を進め、来年の通常国会への国家公務員法改正案提出を目指す。

 論点整理は内閣人事局や総務、財務両省など関係省庁がまとめ、16日の関係閣僚会議で了承された。菅義偉官房長官は会議のあいさつで「高齢者が生きがいをもって働き続ける社会を作ることは社会全体の活力を維…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです