無人レジ

POSシステムを超える! 電子タグで流通革命

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
電子タグとRFID技術を活用し、高速決済ができるセルフレジ=ファミリーマート経済産業省店で、2018年2月14日、中島和哉撮影
電子タグとRFID技術を活用し、高速決済ができるセルフレジ=ファミリーマート経済産業省店で、2018年2月14日、中島和哉撮影

生産、流通の効率化狙う

 無人レジの実現に向け、商品の電子タグを読み取って高速決済できる新たな流通システムの実証実験が始まった。実験には大日本印刷や東芝テックなど計25の企業などが参加する。電子タグによって、メーカーが出荷してから消費者が購入するまでをリアルタイムで把握・共有することも可能になる。実用化すればメーカーの生産効率化なども期待できる。バーコードを使ったPOS(販売時点情報管理)システムを超える流通革命をもたらす可能性を秘めるものの、電子タグそのものの単価引き下げなど課題も山積している。【中島和哉】

この記事は有料記事です。

残り2419文字(全文2675文字)

あわせて読みたい

注目の特集