メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無人レジ

POSシステムを超える! 電子タグで流通革命

電子タグとRFID技術を活用し、高速決済ができるセルフレジ=ファミリーマート経済産業省店で、2018年2月14日、中島和哉撮影

生産、流通の効率化狙う

 無人レジの実現に向け、商品の電子タグを読み取って高速決済できる新たな流通システムの実証実験が始まった。実験には大日本印刷や東芝テックなど計25の企業などが参加する。電子タグによって、メーカーが出荷してから消費者が購入するまでをリアルタイムで把握・共有することも可能になる。実用化すればメーカーの生産効率化なども期待できる。バーコードを使ったPOS(販売時点情報管理)システムを超える流通革命をもたらす可能性を秘めるものの、電子タグそのものの単価引き下げなど課題も山積している。【中島和哉】

この記事は有料記事です。

残り2419文字(全文2675文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです