ミャンマー

停戦協定に少数民族武装勢力2勢力が署名

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【バンコク西脇真一】ミャンマーの少数民族武装勢力2勢力が、政府との間で停戦協定に署名した。国軍主導のテインセイン前政権時代に8勢力が署名したが、2016年3月のアウンサンスーチー国家顧問兼外相率いる国民民主連盟(NLD)政権発足後は初めて。だが国軍と一部勢力の戦闘は続いている。

 署名したのは南東部モン州などの武装勢力、新モン州党(NMSP)と東部シャン州のラフ民主同盟(LDU)。署名式は13日に首都ネ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集