メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博物館

「北の映像ミュージアム」存続を 「今こそ行政の出番」の声も

「北の映像ミュージアム」入り口に掲示された映画ロケ地マップとリスト。多くの名作が北の大地で撮られた=同ミュージアム提供

 「北の映像ミュージアム」という札幌市中央区にある博物館をご存じだろうか。北海道は、知る人ぞ知る映画ロケ王国。「白痴(はくち)」(黒澤明監督)、「飢餓海峡」(内田吐夢監督)といった歴史的名作から、「探偵はBARにいる」シリーズといった最新作まで500近い作品が撮影されており、その数は東京に次ぐ多さを誇る。そんな道内を舞台とした映画やドラマなどの映像・関連資料を集めているのが、このミュージアムなのだ。2011年9月に気軽に利用できる無料施設としてオープン以来、6万人超の映画ファン、観光客らが訪れたが、今秋「閉館」の危機に直面している。入居する「さっぽろ芸術文化の館(芸文館)」が老朽化を理由に閉鎖されるためで、ミュージアムを運営するNPO法人「北の映像ミュージアム」(佐々木純理事長)は移転存続に向けて奔走しているが、資金難などから見通しは立たない。有識者からは「映画は貴重な文化遺産であり、ロケ地は観光客誘致に役立っている。今こそ行政の出番ではないか」との声も上がり始めている。【中澤雄大/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3140文字(全文3601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです