特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

’18センバツ・高きを仰ぐ

静高2年連続の挑戦 選手紹介/13 勉強も野球も全力 梅林浩大選手(2年) /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
梅林浩大選手 拡大
梅林浩大選手

 <第90回記念選抜高校野球>

 練習中の真剣な表情から一転、グラウンドを出れば笑顔を絶やさない穏やかな性格。「勉強も野球も一番の所で頑張りたかった」と、静高を受験した。チームでの練習後も午後10時ごろまで自主練に励みながら、成績は常に学年の上位を維持する秀才だ。

 下宿先の机には大学受験に向けて励みになる格言が書かれた日めくりカレンダーが置かれ、空いた時間には問題集のページをめくる。昨秋の明治神宮大会の期間中は、学校のテスト期間が近かったこともあり、クラスメートからノートの写真をメールでもらい、宿泊先でも勉強を続けた。

 180センチ、81キロの体格を生かした打撃が売り。「単打がたくさん出るのも相手にプレッシャーを与えられるけど、大きな1本が出ると流れをつかめる」と考える。代打で出場した県中部地区大会準決勝の藤枝明誠戦では、勝ち越しにつながる三塁打も放った。

 昨年のセンバツが生まれて初めての甲子園球場。アルプススタンドから声援を送りながら、「これだけ多くの人に見られて野球をするのか」と圧倒された。「今度は自分も」。大舞台でのプレーを夢見る。【大谷和佳子】=つづく

次に読みたい

あわせて読みたい