メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

被災地、宮城・石巻を記録 23~27日、神戸映画資料館で上映 /兵庫

 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市の小さな地域を6年半にわたって記録したドキュメンタリー映画「まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語」が23~27日、神戸映画資料館(神戸市長田区腕塚町5)で上映される。上映とともに、東日本大震災、阪神大震災で被災者、支援者、また研究者として活動してきたゲスト5人のトークがある。

 「まだ見ぬまちへ」は青池憲司さんの監督・製作作品。石巻市の門脇・南浜・雲雀野地区で、震災以前の地域の姿も織り込みながら、震災後のコミュニティー再生のプロセスを見つめる。上映時間2時間25分。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです