北九州マラソン

開会 きょう号砲 笑顔あふれる大会に /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 18日開催の「北九州マラソン2018」(北九州市、福岡陸上競技協会主催、毎日新聞社など企画運営)の開会式が17日、小倉北区の西日本総合展示場であった。

 開会式には、マラソン解説者の増田明美さん(54)や特別招待選手の川内優輝選手(30)らが参加。昨年の同大会男子フルマラソンで優勝した八幡西区の会社員、塚本秀志さん(34)は「笑顔あふれる素晴らしい大会にすることを誓います」と選手宣誓した。

 また、増田さんと五輪3大会連続出場の君原健二さん(76)による対談も行われ、君原さんは「コースには小倉城や八幡製鉄所など見どころが多い。ゆとりをもって、ぜひ完走してほしい」と話した。増田さんは「コースからは巌流島も見える。宮本武蔵になったつもりで頑張ってほしい」と激励した。君原さんはファンランにも出場する。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1135文字)

あわせて読みたい

ニュース特集