メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井、最年少六段 羽生竜王ら破り棋戦優勝

藤井聡太六段

 現役最年少の中学生棋士、藤井聡太五段(15)が17日、東京都千代田区で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦で、午前の準決勝で羽生善治竜王(47)、午後の決勝で広瀬章人八段(31)を破り、初優勝を飾った。規定により同日、六段へ昇段し、初の中学生六段が誕生した。

 中学生が全棋士参加棋戦で優勝したのは史上初。藤井六段は、1955年に加藤一二三九段(78)が15歳10カ月で達成した最年少棋戦優勝記録(六・五・四段戦=…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです