メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

IS掃討後の新局面 シリア、勢力争い泥沼化

シリアの各勢力による支配地域図

 内戦下のシリアで新たな混乱が生じている。過激派組織「イスラム国」(IS)が各国の掃討作戦で壊滅状態に陥った後、連携していた諸勢力が自益優先に軸足を移し、大国も交えたパワーゲームが表面化。紛争が周辺諸国に飛び火する懸念もはらむ。ティラーソン米国務長官は16日までの中東歴訪で事態打開の道を探ったが、視界は不良だ。【カイロ篠田航一、エルサレム高橋宗男、ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉】

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2448文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです