メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

IS掃討後の新局面 シリア、勢力争い泥沼化

シリアの各勢力による支配地域図

 内戦下のシリアで新たな混乱が生じている。過激派組織「イスラム国」(IS)が各国の掃討作戦で壊滅状態に陥った後、連携していた諸勢力が自益優先に軸足を移し、大国も交えたパワーゲームが表面化。紛争が周辺諸国に飛び火する懸念もはらむ。ティラーソン米国務長官は16日までの中東歴訪で事態打開の道を探ったが、視界は不良だ。【カイロ篠田航一、エルサレム高橋宗男、ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉】

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです