メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『対談 戦後・文学・現在』=加藤典洋・著

 (而立書房・2484円)

 吉本隆明、見田宗介、田中優子、石内都、中原昌也ら幅広いジャンルの論客や表現者計11人と交わした対談を収めた。1999年から2017年までと発表時期も長期間にわたり、テーマもさまざま。さらに、戦後50年の95年、憲法をテーマに吉本、竹田青嗣、橋爪大三郎と4人で行った座談会も収録されている。

 読みどころも多岐にわたるが、2012年に吉本が没した直後に見田との間で交わされた「吉本隆明を未来へつなぐ」が一つの結節点といえるだろう。見田は「ぼくにとって吉本隆明さんの魅力の核は、あの人の文体なのです」と述べ、「とてもゴツゴツと節くれだっていて、深みや澱(よど)みを作りながら決して流暢(りゅうちょう)に流れていかない」文章が「何より信頼できるもの」だったと話す。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. クックパッドニュース お肉がほろほろ美味に!“舞茸パワー”で絶品おかず

  4. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  5. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです