メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『老後と介護を劇的に変える食事術』=川口美喜子・著

 (晶文社・1728円)

 同僚や家族の間で、認知症や介護が話題になるたびに、「自分はNNK(ネンネンコロリ)ではなく、PPK(ピンピンコロリ)」と願う。前者は長く寝たきりになって亡くなること、後者は亡くなる直前まで元気に活動することを指す。

 著者は長年、管理栄養士として大学病院で患者に向き合った経験から、両者の分岐点は「食べ方」にあると分析した。その理由はこうだ。

 食材の色を楽しみ、においをかぎ、味を感じることは脳への刺激となる。相手のいる食事ならば、たわいない雑談も、人との関係を続けることになる。話し相手が体の異変に気づいてくれるかもしれない。こうした重要性を踏まえ、本書は、健康であろうと病気であろうと、食事や会話を楽しむことができるよう、料理の仕方や盛りつけはもちろん、机やいすの選び方まで留意するよう訴えている。

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです