メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暮らし関連法案

国会審議本格化 「働き方」最大の焦点 裁量労働制、与野党が攻防

受動喫煙対策の強化を求める超党派の議員連盟は臨時総会を開き、「厚生労働省案は緩すぎる」として対案提出を目指すことが決まった=2018年2月13日、山田泰蔵撮影

 暮らしに関わる法案の審議がこれから衆院厚生労働委員会などで本格化する。最大の焦点は働き方改革関連法案だが、法案に盛り込まれる予定の裁量労働制拡大を巡り、安倍晋三首相は答弁を撤回。つまずきを見せている。【阿部亮介】

 「働き方改革を断行する」。通常国会が開会した1月22日、安倍首相は施政方針演説で力を込め、今国会を「働き方改革国会」と位置付けた。

 首相は29日の衆院予算委員会で、「長時間労働につながる」と批判の根強い裁量労働制について、「一般労…

この記事は有料記事です。

残り2758文字(全文2981文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです