メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/3 鹿島 タイトル奪還へ攻撃強化

8季ぶりに鹿島でプレーするDF内田(手前)はチームにタイトルをもたらせるか。奥は大岩監督

 2月上旬、クラブスポンサーを集めて華やかに開かれた鹿島恒例の開幕前パーティー。冒頭、大画面に流された映像は昨季リーグ最終戦、勝てば優勝の状況で2試合連続無得点で2位に転落し、涙する選手たちの姿だった。目前の優勝を逃したリーグ戦をはじめ、昨季は全タイトル奪取を目標に掲げながら無冠。国内主要タイトル19冠を「20」に伸ばすことはできなかった。

 悔しさを胸に今季取り組むのは、ボールを保持しパスをつなぎながら組み立てる新たな攻撃パターンの増加と…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです