メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

72年ぶり、写真の身元判明(その2止) 惨禍経て家族築く 被爆3日後の少女、毎日新聞記者が撮影

母幸子さんの写真を見比べる藤井哲伸さん(左)と東京歯科大の橋本正次教授=東京都千代田区で2017年11月7日、山田尚弘撮影

 

42歳、死を前に「幸せ」

 「交番の場所は変わりませんね」

 藤井哲伸(てつのぶ)さん(57)=東京都調布市=は昨年12月下旬、雑居ビルやホテルが建ち並ぶ広島市中区弥生町にいた。かつて母幸子(ゆきこ)さんの生家があった場所だ。藤井さんは幼い頃、母に連れられて行った近所の記憶と、あらかじめ頭の中に覚え込んだ古地図を頼りに、ゆっくり歩を進めた。

 藤井さんが生前の幸子さんから聞いた話では、一家は1930年代後半に神戸からこの場所に移り住み、料理…

この記事は有料記事です。

残り4497文字(全文4718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです