メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/65 沖宮

太古の草のそよぎが聞こえる=熊本県芦北町で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

魂の火となりて

 2月10日に亡くなった石牟礼道子さんの新作能「沖宮(おきのみや)」が今秋、熊本市など3都市で上演される。島原・天草の乱の天草四郎を主人公にした死と再生の物語。衣装を担当する京都の染織家、志村ふくみさんは石牟礼さんの死を聞き、「生き残った私がやりとげる。やれることは何でもやる」と屈しない構えだという。

 石牟礼さんは亡くなる10日前の1月31日、「村々は 雨乞いの まっさいちゅう 緋の衣 ひとばしらの…

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです