メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/65 沖宮

太古の草のそよぎが聞こえる=熊本県芦北町で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

魂の火となりて

 2月10日に亡くなった石牟礼道子さんの新作能「沖宮(おきのみや)」が今秋、熊本市など3都市で上演される。島原・天草の乱の天草四郎を主人公にした死と再生の物語。衣装を担当する京都の染織家、志村ふくみさんは石牟礼さんの死を聞き、「生き残った私がやりとげる。やれることは何でもやる」と屈しない構えだという。

 石牟礼さんは亡くなる10日前の1月31日、「村々は 雨乞いの まっさいちゅう 緋の衣 ひとばしらの…

この記事は有料記事です。

残り1926文字(全文2144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです