メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原の辻遺跡

中国・遼東地域の銅釧 遊牧民族の貴重品

 <日曜カルチャー>

 長崎県壱岐市にある国の特別史跡・原(はる)の辻遺跡で出土した青銅製品の破片が、中国の遼東地域(同国遼寧省)で1世紀ごろに使われた銅釧(どうくしろ)(腕輪)だったことが、同県埋蔵文化財センターの調査で分かった。同地域の銅釧が国内の弥生時代の遺跡で出土したのは初めて。中国の遊牧民族の貴重品と考えられ、大陸との交流ルートの多様さを示す重要な資料となる。【大森顕浩】

 同遺跡で2007年に出土した破片は長さ4・2センチ、幅1・2センチ、厚さ2・5ミリの帯状で、表面に…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1242文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  2. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです