メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原の辻遺跡

中国・遼東地域の銅釧 遊牧民族の貴重品

 <日曜カルチャー>

 長崎県壱岐市にある国の特別史跡・原(はる)の辻遺跡で出土した青銅製品の破片が、中国の遼東地域(同国遼寧省)で1世紀ごろに使われた銅釧(どうくしろ)(腕輪)だったことが、同県埋蔵文化財センターの調査で分かった。同地域の銅釧が国内の弥生時代の遺跡で出土したのは初めて。中国の遊牧民族の貴重品と考えられ、大陸との交流ルートの多様さを示す重要な資料となる。【大森顕浩】

 同遺跡で2007年に出土した破片は長さ4・2センチ、幅1・2センチ、厚さ2・5ミリの帯状で、表面に…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1242文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです