メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原の辻遺跡

中国・遼東地域の銅釧 遊牧民族の貴重品

 <日曜カルチャー>

 長崎県壱岐市にある国の特別史跡・原(はる)の辻遺跡で出土した青銅製品の破片が、中国の遼東地域(同国遼寧省)で1世紀ごろに使われた銅釧(どうくしろ)(腕輪)だったことが、同県埋蔵文化財センターの調査で分かった。同地域の銅釧が国内の弥生時代の遺跡で出土したのは初めて。中国の遊牧民族の貴重品と考えられ、大陸との交流ルートの多様さを示す重要な資料となる。【大森顕浩】

 同遺跡で2007年に出土した破片は長さ4・2センチ、幅1・2センチ、厚さ2・5ミリの帯状で、表面に…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1242文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 名人戦 佐藤、羽生の攻めを待つ 第6局・2日目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]