メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

国産手術ロボ開発大詰め 「曲がる」機能を搭載

 内視鏡や手術器具がしなやかに曲がり、おなかの奥まで届く。そんな国産の手術支援ロボットの開発が大詰めを迎えている。北川雄光慶応大教授(外科学)や川崎重工業などによる開発チームは2021年の発売を目標にしており、圧倒的に強い米国製の「ダビンチ」に対抗し、欧米やアジアの市場にも食い込むことを狙うという。

 手術支援ロボットは、医師の遠隔操作により、傷の小さい内視鏡手術を行うための装置。ロボットアームの先端に取り付けられた内視鏡や「鉗子(かんし)」と呼ばれるピンセットのような器具を、患者の胸やおなかに開けた穴から体内に差し入れて使う。手ぶれのない精…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 大阪震度6弱 エレベーターの閉じ込め相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 心肺停止2人に 大阪市でも81歳男性
  5. 大阪震度6弱 大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]