メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

国産手術ロボ開発大詰め 「曲がる」機能を搭載

 内視鏡や手術器具がしなやかに曲がり、おなかの奥まで届く。そんな国産の手術支援ロボットの開発が大詰めを迎えている。北川雄光慶応大教授(外科学)や川崎重工業などによる開発チームは2021年の発売を目標にしており、圧倒的に強い米国製の「ダビンチ」に対抗し、欧米やアジアの市場にも食い込むことを狙うという。

 手術支援ロボットは、医師の遠隔操作により、傷の小さい内視鏡手術を行うための装置。ロボットアームの先端に取り付けられた内視鏡や「鉗子(かんし)」と呼ばれるピンセットのような器具を、患者の胸やおなかに開けた穴から体内に差し入れて使う。手ぶれのない精…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです