秩父市

議員数削減めぐり「場外乱闘」 市長FBに反発も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
久喜邦康・秩父市長
久喜邦康・秩父市長

 埼玉県秩父市議選(4月15日告示、同22日投開票)を控え、久喜邦康市長が自身のフェイスブック(FB)で現行定数22の削減を求める投稿を重ねたのに対し、反対・慎重派の市議が14日に記事の削除などを申し入れた。定数を2減する議員提出の条例案は3月定例会初日の今月21日に採決される予定だが、「場外乱闘」の様相を帯びている。

 定数減の条例案は昨年12月定例会に議員提案され、継続審議になった。市議会は、2010年と14年に定数を4ずつ減らしており、反対派は「削減した検証ができておらず、提案は性急だ」と訴えている。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文775文字)

あわせて読みたい