メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クロヅル

32年ぶり珍客 タンチョウの中に1羽 鶴居村

タンチョウの群れの中にいるクロヅル(右から2羽目)=北海道鶴居村で

 北海道鶴居村で国の特別天然記念物タンチョウに交じり、クロヅル1羽が姿を見せている。同村で見られるのは32年ぶり。タンチョウよりひと回り小さく、一緒に雪裡川で羽を休めたり給餌場でエサをついばんだりしている。

 クロヅルはユーラシア大陸で繁殖する渡り鳥で、主にインド北東部で越冬する。日本では毎年ナベヅル…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです