将棋

羽生竜王「藤井六段、私の中学時代とレベルが違う」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
取材に応じる羽生善治竜王=名古屋市中区で2018年2月18日午前9時51分、三上剛輝撮影
取材に応じる羽生善治竜王=名古屋市中区で2018年2月18日午前9時51分、三上剛輝撮影

 将棋の永世7冠を持つ羽生善治竜王(47)が18日、名古屋市内で報道陣の取材に応じ、17日の第11回朝日杯将棋オープン戦の準決勝で敗れた藤井聡太六段(15)との公式戦初対局を振り返り、「冷静沈着な指し回しが印象的だった」と述べた。互角の展開でもつれ込んだ終盤、歩を駆使した藤井六段の巧みな指し回しに、…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

ニュース特集