メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ボブスレー

ジャマイカが公式練習 「下町」使わず

平昌五輪ボブスレー女子2人乗りの公式練習でジャマイカチームが使ったラトビア製のそり=韓国・平昌で2018年2月17日午前10時14分、福岡静哉撮影

 ボブスレー女子2人乗りに出場するジャマイカのチームが17日、日本の「下町ボブスレー」ではないラトビア製のそりで公式練習に臨んだ。英BBCなどは、このそりを所有するドイツ人コーチが辞任し、出場が危ぶまれると報じていた。しかしジャマイカ・ボブスレー・スケルトン連盟のレオ・キャンベル副会長は「そりは辞めたコーチの所有物ではなく、これからもこのそりを使う」と説明した。

 同連盟は14日、コーチで元五輪金メダリストのサンドラ・キリアシス氏が辞任したと発表。英BBCは、キリアシス氏がそりの所有権を主張していると報じていた。この日の公式練習で使われたのは白地の車体にジャマイカ国旗をあしらったそり。キャンベル氏は「辞めたコーチとこのそりは何の関係もない」と強調した。キャンベル氏は、ジャマイカのビール会社が新しいそりの提供を申し出て同連盟と同意した、との一部報道についても…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです