メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

4回転、正確性で明暗…フリー得点分析

男子フリーで演技する羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月17日、山崎一輝撮影

 平昌冬季五輪は第9日の17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)トップの羽生結弦(ANA)が1948年サンモリッツ、52年オスロ両五輪を制したディック・バトン(米国)以来、66年ぶりの2連覇を達成。羽生は206.17点をマークし、合計317.85点で優勝を決めた。初出場でSP3位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー202.73点の合計306.90点で銀メダルを獲得した。

 フリーでは、各選手の4回転ジャンプの種類や本数、正確性の違いも勝負に大きく影響した。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです