シリア

米主導空爆 「露の民間兵300人死傷」 通信社報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ杉尾直哉】シリア東部デリゾール県クルシャムで今月7日、米軍主導の有志国連合がアサド政権を支援する武装勢力を空爆した事件で、ロシアの民間軍事会社の雇い兵300人が死傷していたとロイター通信が報じた。死者は80人から100人に達したという。事実なら、シリア内戦で1度の攻撃でロシア側にこれほど大規模な被害が出たのは初めて。

 ロイター通信の報道は15日で、ロシアに搬送された負傷者を治療した医師らへの取材を元にしている。露外務省のザハロワ情報局長は同日の記者会見で「5人のロシア人が死亡した可能性がある」と述べ、ロシア人雇い兵が現場にいたことを認めたが、多数の死者発生は否定した。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文676文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集