メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今どきの歴史

大嘗祭とは何だろうか? 「女性原理」という伏流水

大嘗祭の「悠紀殿(ゆきでん)の儀」で、悠紀殿に向かわれる白い生絹の束帯姿の天皇陛下=皇居・東御苑の大嘗宮で1990年11月22日、代表撮影

 天皇家の代替わりが決まり、大嘗祭(だいじょうさい)の日程調整が行われている。

 大嘗祭とは、新天皇が即位後初めて行う新嘗祭(にいなめさい)(稲の収穫祭)。一代一度の重大さや、秘儀を行うとされてきた神秘性からさまざまな解釈も生んだ。前回(1990年)は宮内庁が式次第を公表し、「天皇が特殊な所作をする」という臆測を否定する一幕もあった。

 ただ、なぜ大嘗祭は必要か。即位の礼など表だった儀式だけでは、天皇位継承に不十分なのか。謎もはらむ大…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1644文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです