「翔ぶが如く」展

司馬遼の西郷どん像 東大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西郷隆盛と大久保利通の友情と対立を軸に明治初期の激動を描いた司馬遼太郎の長編小説「翔(と)ぶが如(ごと)く」をテーマにした企画展が東大阪市の司馬遼太郎記念館で開かれている。初公開の自筆エッセーを含む約50点を展示している。

 「翔ぶが如く」は1972~76年、1680回にわたり毎日新聞に連載(本は文芸春秋刊)。初公開となる自筆エッセーは、新聞連載終了時に鹿児島県内を再訪した際の「鹿児島再訪」と薩摩の古い風…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集