平昌五輪2018

スピードスケート 女子500 小平、金 五輪新36秒94

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子500メートルで金メダルを獲得してガッツポーズする小平奈緒=江陵オーバルで2018年2月18日、手塚耕一郎撮影
女子500メートルで金メダルを獲得してガッツポーズする小平奈緒=江陵オーバルで2018年2月18日、手塚耕一郎撮影

メダル最多タイ

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪は第10日の18日、スピードスケート女子500メートルがあり、日本選手団主将の小平奈緒(31)=相沢病院=が従来の五輪記録を0秒34更新する36秒94の新記録で金メダルを獲得した。スピードスケートの日本勢の金メダルは1998年長野五輪の男子500メートルの清水宏保以来2人目で、女子では初。

 冬季五輪の日本女子の金メダリストは長野五輪フリースタイルスキー・モーグルの里谷多英、2006年トリノ五輪フィギュアスケートの荒川静香に次ぐ3人目となった。日本勢のメダルは10個(金2、銀5、銅3)となり、冬季五輪で過去最多だった長野五輪(金5、銀1、銅4)に並んだ。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1183文字)

あわせて読みたい

ニュース特集